読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー女について考察するブログ

アラサー女です。厳密にいうと今年30です。いろんなことに対して思ったことを書いていこうと思います。

アラサーがこじらせた恋愛をしてしまったときの対処法

スポンサーリンク

 

こんばんは。

早速、「アラサー×恋愛」というみんな大好きなテーマですよ。

最近ドラマ化され人気の、東村アキコさんの「たられば女子」もそうですが、

「アラサー×恋愛」ってネタになりやすいんですよね。

なぜか。

30歳という節目の歳を前後に迎え、10代・20代前半のときとは明らかに

違うあらゆる変化を目の当たりにし、行き場のない不安(※)を抱える「アラサー」世代。

世の中を渡っていくことにある程度の実力を兼ね備えていながらも、

恋愛をすることで理性を奪われ、必死に隠している「不安」が露呈してしまったり、

うまくやろうとするが故なのか、30年間を生きてきたプライドなのか、

逆にとんでもなく恥ずかしい行動をしてしまったり、

そんな姿がとっても人間らしく、笑いのネタに、酒の肴になるからではないでしょうか。

※ここでいう「不安」の例としては具体的に言うと以下のようなもの。

  • 20代前半とは明らかに違う肌のツヤ
  • 体力回復速度の遅さ(オールなんてできない)
  • 流行っていることがわからない
  • 「かわいい」と言われない
  • ちやほやされない
  • 結婚・出産へのタイムリミットを感じる不安 

etc・・・

 

まぁそんなわけでアラサー世代の恋愛は、一筋縄でいかないものが大半ですよ。

日本でいうと「結婚」とか「出産」というライフイベントへのプレッシャーとかもそのへんに影響しているとおもうけど。

その件に関してはまた今度話題にあげます。

 

で、今日は私自身の経験をとおした話を。

 

その恋、家族と友達が祝福してくれますか?

突然ですが私はだめんずウォーカーです。

数々の失敗を重ねています。まさにここ数日でも失恋しました。

まぁ、よくある「付き合う前にやっちゃって、相手にされないパターン」なんですけど。

この場合、よく「だめな男」に引っかかったなんて言いますがそれは間違っていて、

私含めてそんな扱いでも自分から飛び込んでいるんですよね。

「あれ。好かれていないなぁ」とか「カラダだけが目的かな」って

30年弱も生きていればわかるであろう事実を、なぜだか見て見ぬふりする。

バカなふりしてみるんです。

そう、それは自分が傷つくのが怖いから。プライドがそうさせるから。

思ってた未来との差に目を向けるのが怖いから。

まぁそんな感じで、いくとこまでいって、より深い傷を負うわけです。

 

幸い、私には素晴らしい友達がいて。

今日こんなこと言われました。

「惨めだなーとか、私何してんだろうとか思ったとき、友達とか自分を大切にしてくれる周りの人のこと考えるとちゃんと幸せにならなきゃなって頑張れるよ」

って。

もう、この言葉、額に飾りたい。

仕事中にこの言葉が送られてきたわけですが、デスクで泣きそうになりました。

てかちょっと泣いた。

 

この友達以外にも最近相談した友達に

「大切な友達が傷つく姿は見たくないし、大切な友達を大切にしてくれない男との恋愛は応援できない」

とか言われました。

本当そうなんですよね。

いくら、魅力的な彼だったとしても、自分のことをずっと知っている大事な友達から見て、「大事にしてくれていない人」っていうのははっきりわかるんです。

だし、そんな人との恋愛はまず応援されないです。

で、それでもそんな人を追いかけるという行為は、自分のことを想ってくれている

「本当に大切にすべき人」を裏切ってしまうんですね。

 

とにかく私は今日、自分のことを大事に想ってくれる「大切な」ひとのために、

必死にすがりついていた恋愛を捨てることができました。

アラサーの恋愛において、まず大事にすべきこと

「この恋愛、大事な友達は応援してくれるかな」とまず考えること。

 

今、恋愛に悩んでいるアラサーの皆さん、

まずそんな問いかけを自身に投げかけてみてください。